ギター教室に通いたい!と思う動機は人それぞれと思いますが、どんなギター教室に通ったらいいのでしょうか?

ギター教室もいろんな種類があります。自分にあったギター教室に必要なことを解説していきます。

ギター教室に通いたい!と思った動機って?

そもそもギター教室に通いたい動機って何なのでしょうか?

人それぞれかと思いますが、その中でも代表的なものを集めてみました。

ギターを弾いている姿がかっこいいと思った


ギター教室に通い始めるきっかけで多い理由は、「ギターをかっこよく弾けるようになりたい」というものです。

「社会人になって上司や同僚にギターが弾ける人がいて、自分もギターを始めてみたいと思った」、「社会人バンドに参加してギターに興味を持った」など、ギターをかっこよく弾く姿に憧れてギター教室に通い始める人が多くなっています。

家にギターがあるのを見て昔を思い出した


「学生時代にバンドをしていて、押入れにしまってあるギターを見たときに、もう一度ギターを始めたいと思った」というように、昔ギターを弾いていた経験があり、もう一度ギターを始めてみたいと思ったことから、ギター教室に通い始める人もいます。

独学で上達しないの?


ギターを独学で始めて練習する人もいますが、初心者だけでなくギターを弾いていた経験がある人でも、ギター教室に通った方が上達が早くなるメリットがあります。

なぜレッスンを受けたほうがいいのか?


ギター教室に通えば、講師の指導を受けながら正しいギターの弾き方を学ぶことができます。

独学でギターの練習を始めると、基礎の練習方法が分からない、上手な弾き方の例が分からない、自分が上手に引けているのか分からないというデメリットがあるので、ギター教室に通う方が不安なく上達できるメリットがあります。

ギターを持ってない人はギターを買ってみよう


ギター教室に通って本格的に音楽を習いたい人も、まずは好きな曲が弾けるようになりたい人も、ギターを持っていない場合はギターを購入する必要があります。

ギターを購入する際は、ギターの販売ショップで購入したいギターの種類と値段を相談すると、ショップの店員が自分に合ったギターを選んでくれます。

または無料音楽レッスンに通い、レッスンを受けた講師にどんなギターを選べば良いか事前に相談してから購入する方法もあります。

自分にあったギター教室の選び方って?

では、本題です。自分にあったギター教室を選ぶには何を基準にすればよいのでしょうか?

何を目的にするか?


ギター教室を選ぶ際には、自分の目的に合った教室を選ぶことも大切です。

ギター教室には技術だけを学ぶものや、大会出場を目的とする教室など様々なものがあります。

ギター教室を選ぶ際には、ギターが上達して最終的には自分がどうなりたいかを考えておくことで、自分に合った教室を見つけやすくなります。

どんな種類のギターを学びたいか?


ギター教室に通う目的を決めたら、自分がどの種類のギターを練習したいのかを決めましょう。

ギターにはクラシックギター、エレキギター、ベースギター、ジャズギターなど様々な種類のギターがあります。

バンドに参加したい、派手な演奏をしたいならエレキギターやベースがおすすめです。

弾き語り、ソロの演奏をしたいのであればクラシックギターやジャズギターがおすすめの楽器になります。

レッスンの料金


ギター教室のレッスン料金の相場は、8000円~15000円となっています。

多くのギター教室は月2回のレッスン制となっており、レッスン時間は1コマ30分~60分が一般的となっています。

場所


自分に合ったギター教室を選ぶ際には、レッスン料金だけでなく通いやすいギター教室を選ぶことも大切です。

社会人であれば会社帰りに通いやすい駅前の教室や、自宅の近くにあるギター教室がおすすめです。

楽器のレンタルができるか?


自分でギターの購入が難しい場合は、ギターをレンタルできる音楽教室を選ぶのがおすすめです。

ギターをレンタルできる教室であれば、ギターを購入しなくても自宅で時間のあるときに、講師からレッスンで教わった内容を復習することができます。

無料体験レッスンがあるか?


ギター教室を選ぶ際は、無料体験レッスンを受け付けている教室でレッスンを受けてみてください。

ギター教室によって同じ種類のギターでも教え方が違っていたり、講師との相性もあります。

実際に受講してみなければ自分に合っているギター教室か分からないこともあるので、体験レッスンはぜひ受講してください。

大手がいいか?個人教室がいいか?


ギター教室には大手の教室と個人教室がありますが、それぞれに特徴があるので、自分に合った教室を見つける必要があります。

大手の音楽教室は全国に教室数があり通いやすいですが、個人教室と比較するとレッスン料金が高くなります。

個人教室の場合は講師を自由に選べたり、自分のレベルに合った指導をしてくれますが、講師によって教え方が大きく異なる、発表会に出場できないなどの特徴があります。

大手教室と個人教室の違い


大手の音楽教室は音楽設備が充実していますが、個人レッスンの料金が高めとなっており、個人レッスンより料金が安いグループレッスンを受講する人が多くなっています。

ただしグループレッスンを受講する場合は、受講者全員で同じ曲目を練習することになります。そしてグループレッスンの場合は受講者のレベルに関係なく、最初から初心者向けの練習となります。

趣味でギターをやっていたなど、ある程度ギターの技術がある人にとっては効率の悪いレッスンとなるので、経験者は個人レッスンを受け付けているギター教室を選ぶのがおすすめです。

レッスン予約


大手教室と個人教室にはそれぞれメリットとデメリットが存在するので、無料体験レッスンに通って自分に合った教室を選ぶ必要があります。

しかし社会人の方は無料体験レッスンに通う時間がなかったりと、複数のギター教室に通うのはなかなか難しいこともあると思います。

そこで、まずはギター教室のレッスンを受けるなら、完全個人レッスンを行っているシアーミュージックがおすすめです。

料金比較

以下の表は、ギター教室の料金の比較表になります。料金はヤマハ音楽教室が最安となりますが、ギターレッスンは1コマ45分以上ある方が、丁寧に指導してもらえます。

ギター教室 レッスン料金 時間(1コマ) レッスン日
シアーミュージック 10000円~ 45分 月2回
ヤマハ音楽教室 9,500 円~ 30分 月3回
Beeミュージックスクール 11000円~ 60分 月2回
EYS音楽教室 3100円(+スタジオ費1700円)~ 60分 スケジ

レッスンスタイル

完全個人レッスンとなっているのはシアーミュージックのみです。

グループレッスンを受け付けているギター教室の場合、講師の定員の関係で個人レッスンを希望してもグループレッスンをおすすめされることもあります。

必ず個人レッスンを受けたい場合は、最初から完全個人レッスンのみ受け付けている教室を選ぶのがおすすめです。

ギター教室 レッスンスタイル
シアーミュージック 個人レッスンのみ
ヤマハ音楽教室 個人レッスン・グループレッスン
Beeミュージックスクール 個人レッスン・グループレッスン
EYS音楽教室 個人レッスン・グループレッスン

カリキュラム

音楽教室のカリキュラムはグループレッスンの場合、基礎→曲の練習→それぞれの音楽教室が主催する発表会、大会出場となります。

個人レッスンの場合、基礎が身についている場合はすぐに曲の練習→発表会、大会出場となります。なお発表会、大会の参加の可否については自分で選ぶことができます。

講師の選択

ギター教室 講師の選択
シアーミュージック 講師は曜日固定・変更の場合は受講時間を変える
ヤマハ音楽教室 講師は曜日固定・変更の場合は受講時間を変える
Beeミュージックスクール 相談すれば何度でも変更可能
EYS音楽教室 相談すれば何度でも変更可能

大手と個人のいいとこどりの教室って?


大手音楽教室と個人教室の良さを兼ね備えている音楽教室といえば、全国に教室数が多く、発表会に参加でき、自分のレベルに合わせてレッスンが受けられる音楽教室です。

教室数が多ければ会社の駅近く、自宅近くで教室が見つけやすくなります。

個人のレッスンに合わせて指導してくれる音楽教室の方が上達も早くなりますし、発表会出場を目的とする教室の方が指導も熱心に行ってくれます。

大手教室と個人教室のメリットを兼ね備えているのはシアーミュージックです。

シアーミュージックは全国に教室があり、1コマ45分と受講時間も丁度良い長さとなっています。レッスン料金も月2回10000円と大手教室と個人教室の中間あたりの相場となっています。



>>シアーミュージックで無料体験体験を受けるならこちら

 

シアーミュージックの詳細

教室場所 全国40ヶ所
入会金 10800円
レッスン料金 10000円(1コマ45分)~
コース ギター(エレキ・アコースティック・ベース)など全12コース
レッスンスタイル 個人レッスンのみ